フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

2010年9月14日 (火)

秋の夜長・・・

P9130017_2

けして、表紙を見て買った訳ではありません。
1/3ぐらいで止まっていたのを一気に読み上げました。
高校の野球部女子マネージャーが、
マネージャーの仕事は何か調べるために購入した
 マネジメントの本
そこから、マネジメントにそって野球部を会社とみたて、
業績を上げる、つまり甲子園に行かせる為には・・・・・
 と、話は進んでいきます。

息子が、夏休みで帰ってきて同じ本を持ってきました。
家に2冊揃ってしまいました。
1冊は、今、娘が読んでいます。
部長をしている娘には参考になる本だと思います。

もう1冊、どなたか読みますか?

2009年12月 6日 (日)

読みました・・・

12月に入り、ドッカ~ンとしばれたと思ったら、
今日はrainです。
天候不順っていうか、降るならsnowガッーンと積もってほしいものです。

最近、2冊読み終えました。
Pc011130
「剣岳-点の記」 新田次郎原作
本の始めにルート解説がありますが、読みながら地図を確認の連続。
映画にもなっているし、今月DVDが発売するみたいです。

Pc011131
「800  TWO LAP RUNNERS」 川島誠原作
陸上競技の800mを走る高校生2人のお話。
交互に語り口調で話が進んで行くのですが、
初め、ずいぶん話が飛ぶ内容と思いつつ読んでいました。

読む本の傾向が、山か運動系になってきました。
今読んでいるのも自転車系です。

2009年11月11日 (水)

読み終えました・・・

箱根駅伝・・・・
正式名称は、

 「東京箱根間往復大学駅伝競走

Pb111086

三浦しおんの 「風が強く吹いている」 をやっと読み終えました。
活字を見ると眠くなる自分は、布団の中では数ページでダウンsleepy
次の日は、半ページ前から読み返しを繰り返していました。
ここ数日は、食事の後からも読み始めました。
でも、途中で必ずsleepyとなります。でも、
その後は、目が冴えピッチも上がります。up
東京箱根間の駅伝シーンはテレビ映像を思い出しながら読んでいました。
本当は映画上映前に読み終えたかったのですが、間に合いませんでした。
読みながら、どんな場面がどんなふうに映像となっているのか
映画も見てみたいと思います。
来年の正月、テレビの前で見る駅伝放送はちょっと違って見れそうです。


2009年1月25日 (日)

やっと読み終えました。

P1250596

昨年10月購入。「ラン」森絵都著

読み始めが遅かったせいもありますが、列車train・飛行機airplaneなどの移動時間が読書時間。寝る前のひと読みは、いつの間にか寝てしまいsleepy次読む時はまた半ページ戻って読み返しとなります。down

森絵都といえば、「ダイブ」も買ってありますが、まだ数ページしか進んでいません。

只今、読みかけの本は、4冊あります。catface

全部読み終わるのはいつのことやら・・・sign01

昨日は、娘とプールで泳いできました。3か月ぶりの娘は、泳げないと言いながらも俺より速く、きれいなフォームで距離をこなしていきます。

ほんとにやばいです。だんだんランナー化しています。

2008年7月31日 (木)

バイブル?

7月も今日で終わりですが、試験を受けに旭川まで行ってきました。結果は見えていますが・・・(来年ガンバリます。)

その帰りに本屋さんにより1冊の本を買ってきました。

Photo_2

Y本さんや珍念が話題にしていた「〈気〉ランニング」を見つけたので、少しの時間立ち読みをして、購入してきました。

  ラクに走れる!

  障害を起こさない!

  速くなる!

こんな帯を見たらランナーは魅力満載ですよね。読み終えた頃には、サブスリーになっていたりする?

2008年4月29日 (火)

サクリファイス

前回、記事に書きましたバイク今日午前中に届きました。でも、着払いで「14,990円」!!驚きです。今までで1番高い支払です。宮古送りは会社契約で割安ですが、この金額に配達のおばさんにどんなシステムか問い詰めましたが、着払いで金額は変わらないとの事。次回は、意地でも飛行機に乗せる事にします。

Photo

コスタリカが、3時間で読み上げた本をやっと読み終えました。実業団の自転車チームのなかで、エースとアシストに徹するために起こった悲劇。それが二転三転する真相。結末を読み終えても重苦しくない。自転車の世界を知らない人には良い本だと思います。自転車レースの映像が何倍にも楽しめそうです。

2008年3月27日 (木)

ブレイクはトレイルラン

先日、書店で気になる雑誌を見つけました。

その1

Photo

ランナーズが特別号で出した「トレイルラン」。内容は、有名選手のインタビューから、道具の紹介、今年度の大会要項など、トレイルに関することが結構詳しく載っています。

その2

Photo_2

スキーヤーが増刊号で出した「トレイルランナー」。内容は「トレイルラン」とほぼ同じではあるが、メインは「ハセツネ」。昨年のハセツネのコース紹介、状況など結構詳しく出ています。第2関門で止めた自分には、後半は想像でしかわかりません。

その3

Photo_3

コミック「TRACKER 大神冬馬」。偶然見つけたコミックでしたが、主人公の大神冬馬がもつ才能。それが、野につけられた足跡からその人物・動物などの状態を知ることが出来る。その才能を生かして、事件解決などのストーリーが展開していきます。これからが楽しみの1冊でした。

2008年3月24日 (月)

セカンドウィンド Ⅰ

Photo

「セカンドウィンド Ⅰ」 やっと読み終えました。中学生が自転車と触れ合い自転車競技に入って行く。Ⅰとあるだけに、初めての大会のスタート前で終わりになりました。主人公を囲む人々も次回にはどうなるのか、楽しみな1冊でした。でも、続けて出してもいいと思うけど・・・・。

2008年2月27日 (水)

村上春樹

Photo

2冊の本を同時に読んでいた1冊が読み終わりました。村上春樹の「走ることについて語るとき僕の語ること」。昨年の本ですが、読み始めが今年に入ってなので遅くなりました。スポーツをやっているアスリート(特にマラソン・トライアスロン)ならば、共感を持てる一冊だと思います。でも、フルマラソン・100kmマラソン・トライアスロンの競技描写を細かく文章に出来るのは、流石作家です。ちょっと走りたくなる1冊でした。

2008年2月 7日 (木)

読書

やっと、読み終えました。

Photo

昨年末から、1刊を読み出しやっと3刊完結しました。ベッドに入ってから寝るまでの時間だから、数分から数時間をかけ、あるときは1ページをうつらうつら何度も繰り返し読んだこともありました。

高校の陸上部で、二人のスプリンターの日常の練習風景から、インターハイの地区予選の大会の様子を結構詳しく表現していました。最後は、まだ続くのかな?と言うところで終わった感じですが、面白く読めました。次に読む本が控えているので、まだまだ読書が続きそうです。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ