フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

2017年7月25日 (火)

大雪山ウルトラトレイル・・・・

23日、第5回大雪山ウルトラトレイルに参加してきました。
ここ2年は、80kmに参加、途中リタイアと言う結果で、後半の山岳区間を走り(歩く?)たく40kmにしました。

前日は、午後出発の為前日の受付をやめて直接キャンプ場へ。
いつもはバンガローでしたが、今年は取れなかったのでオートサイト。
でも、1区画が広くテントは3張は張れる広さがありました。

Dsc_11361

テントを設営したら、早速安着祝い。
山の中なので、虫はいますが気にしない!
隣りの、仲間の蚊取り線香を拝借して、テントの中の虫退治。

明るいうちにとなりも合流して夕食。
テントに7時頃入って、大会準備。8時には携帯を持ったまま寝落ち。

朝、1時頃より外のガサガサの動きで目が覚める。
80kmに参加する選手が起き始める。
40kmは8時スタートの為、まだ寝れるが、うとうとが続く。
4時頃覚めてしまったので、そのまま起きて朝食をとる。
今回の朝食は、さけ茶漬け。簡単で腹持ちと水分補給で良かった。

6時半に駐車場へ移動したが、満杯の為そばの路肩に止める。
受付をして、7時過ぎにスタート会場に行き、知り合いと雑談。

Dsc_11371

今年の40kmの参加者は290人。
毎年ボリュームが出て来ます。

Dsc_11381

8時、後方よりスタート。
下りのロードを2、5kほど走るけど、スローな自分は抜かれまくり。
でも、UPと思い気にしない。
林道に入って、少し足が慣れて来たので、イーブンに。
ただ、両ひざは下りでは言う事が聞かないので、スローな早歩き。
それでも、ポールを使って登りを耐えて、下りでゆっくりを繰り返し、
登山口まで、予定より少し早く3時間(11:00)で到着。

最後の給食エイドだが、自分でも結構積んだので給水とバナナで登山道へ入る。
かすかな記憶の中を思い出しながら登山道を登るが、次々と後ろから来る選手に道を譲り、立ち止まる事が多くなる。
ガスガスな雪渓も止まることもなく分岐まで予定より10分遅れで着く
4時間40分(12:40)

ここより、歩行区間(1,2k)晴れれば稜線が見渡せるが今年はガスガス。
でも、反対側のアンギラスは少し見られた。
比麻良山まで来て歩行区間終了。
岩とハエマツのゴツゴツ、ふかふかの稜線を走ったり、歩いたり。

最終エイドの二の沢手前は、山道が崩れていてドロドロ。
二度ほどこける。
エイドで手を洗い頭から水を浴びる。

ここからゴールまで10km。
でも、有明山、天狗岳と急こう配を登り下る。
けっこう足に来ていて、少しの木の根につまずく。

有明山到着6時間40分(14:40)
晴れていれば天狗岳が見えるが、今回見えなかったので、
最後の直登までが早く感じた。直登はつらい!

天狗岳7時間30分(15:30)

天狗岳からのはしごで10分ほど渋滞につかまる。
急なドロドロの下りと走れる稜線を早歩きを繰り返し、スキー場へ着く。

ここから最後の3km。下り・下り・下り・・・・・

もう膝は、下りには耐えられず、細い道をジグザグに歩く。
GPSの距離が止まったように感じる。
林道に入っても早歩きで降りてくる。何人に抜かれたかわからない。

でも、完走は出来る。

8:50’13”   完走しました。

久しぶりの完走です。2ポイントゲットです。

いや~、練習しましょう!




2017年1月29日 (日)

エナジーバー・・・

昨日は、旭川にてスノーエンデュランスフェスティバル関連イベントに参加してきました。

「Natural Energy BAR」 Workshop というイベント

倶知安の「BIO Life by Rond」の中島愛さんの指導の下
無添加・砂糖不使用・火を使わない、コストパフォーマンスの良い
エナジーバーを作ってきました。

材料は、オーツ麦をベースにドライデーツ・ドライプルーン・ドライクランベリー・レーズンのフルーツにアーモンド・胡桃・ごまのナッツをメインに、きな粉味とココア味好きな方を作りました

Dsc_06851

自分は、ココア味。(写真はオーツ麦・カカオパウダー・カカオニブを混ぜたもの)

Dsc_06871


材料は、順番にフードプロセッサーで粉砕していきます。
硬さ、口当たりはその時々で変えていけるとの事。

最後に、アルミホイルで包む時も食べやすい包み方を教えてもらいました。

Dsc_06921

友達と1個交換で

左が ゴマきな粉
右が カカオ

表面にはべたつき防止に今回はココナッツをコーティング。
味はどちらもくどく無くあつさりな感じ。運動中にどれだけ違和感ないか楽しみです。

Dsc_06881


左の女性は、今回講師の 中島さん
右の男性は、Rond代表の熊坂さん

2016年9月28日 (水)

とりあえず、OFF・・・

Dsc_05451

今年の大会は終了。
トレラン用は洗濯。
水洗いの泥を落としただけなので、まだ少し臭い!!

2016年9月14日 (水)

スカイビューウルトラトレイル・・・

先週の土曜日、群馬県沼田市のとなり川場村で開催される
スカイビューウルトラトレイルに参加してきました。

前日は朝1番の飛行機でもスタート会場には5時近く、ブリーフィングも途中からで、その後に受付。開会式もなく宿に直行。
準備もそこそこに夕食。

Dsc_05151

鍋は、もつ鍋でボリューム満点でした。

風呂に入り、9時前には就寝。

朝3時前に起きて朝食。
同室になった人の車でスタート会場まで送ってもらう。

5時スタート。

Dsc01783

初めから後方よりスタートするも、後ろから来る選手に
「もう足ビッコ引いているけど、大丈夫?」
と心配される。
山道に入り、少し痛みは消えたけど、ペースは上がらず。
あたりまえだけど、走れない。

A1、到着予定2時間を大幅に超え3時間過ぎて到着。
まわりの選手もまばら。
フラスコ2本に給水をして足を進める。
最初の剣ヶ峰の登りもきつく、ほとんど水を飲みつくし、下り10kを無水で降りるところ、湧水が有りそれで助かる。
この剣ヶ峰からの下りも岩場の急な下り、2回ほど転倒しお尻を石に打ちつける。

W1で水をもらい、下りつづけやっとA2のエイドにたどり着く。
関門閉鎖時間まで15分ほどあったが、ここで競技をやめる。
今下って来たところを同じぐらい登る脚は残っていないし、気力もなし。

6人ほど、自分の近くを走っていた選手もリタイア組となった。

ドクターストップを守らず、最後と思い参加した大会も28kmで終了となり、
そのまま、娘たちのいる川崎まで電車を乗り継ぎ二日間娘と楽しんできました。

これから、治療に専念します。



2016年8月22日 (月)

SEA TO SUMMIT・・・

20日、東川に向けて車を走らせる。
雨脚は時々強くなる。
途中の川もいつもの倍の水量で流れている。
途中、昼食を取り受付会場の公民館に1時過ぎに着く。

開会式とシンポジュウム、それと河口恭吾のミニライブ。
実行委員長の挨拶から大会が開催決定でない口ぶり。
モンベル会長は、悪天候でもやりたそう。
(NACのロスを思い出す)
Dsc_04921

河口恭吾のライブも申し訳なさそうに曲数が増えていた。
大会決定は、明日の6時との告知でスタート会場までは行かないとダメ。
5時過ぎに開会式は終了。
様子を見にスタート会場まで行くと、階段20段ほどまで水面が上がっていた。そして、天人峡方面が通行止めになった。

そのまま、旭川の嫁の実家で夕食、準備を済ませ10時過ぎには眠る。

3時40分のアラームで起き、準備を済ませ4時過ぎに家を出る。
途中コンビニにより少しの買い出しを済ませ、スタート会場へ。
数台が先に来ていたが、早い方だった。
天候は晴れのち曇り。時々旭岳も見える。
5時にレンタル受付だが、カヌーの準備が出来ていない。
カヌーキャンセルのBIKEスタートと判断しBIKEの準備に入る。

Dsc_04961

6時予定の本部発表が20分ほど遅れて始まった。
各セクションとも実行は無理と言う事で大会中止が決まった。
特に、ロープーウェーは風速15mあり運行そのものが中止しているそうだ。

最後に、モンベル会長の声のもと、自己判断でカヌー試乗とBIKE乗車を閉会式まですることになる。
みんなが漕ぎ始めたので、自分たちもレンタルしているので、こぎ始める。

Dsc_05001

モンベルのフォールディングカヌーは安定感があり乗りやすい。
息子の初漕ぎは結構腕に来ているようで、休み休みの1時間ほど湖畔を回りました。
その後、BIKEに乗るかの問いにNOの返事で試乗は終了。
10時の閉会式まで、道の駅で買い物をして会場に向かいました。
モンベル会長のヒマラヤの話や河口恭吾の曲も良かったけど、急激な睡魔が襲い、途中記憶が無い。
最後の抽選会。
スクリーンに景品の本数ごとに名前・チーム名が出される。
欲しい景品の時は出れと思うし、いらない景品の時は出るなと思い続ける。
でも、進むにつれて一向に名前が出ない。
結局、最後まで残った自分たちが、
Dsc_05021

カメラをゲットしました。
ただ、関係者等の景品キャンセルがあったので、もしかしたらモンベルのポイント50000円分が当たっていたかもしれない。
最後に、来年までつかえるロープーウェーの往復券が参加者に配られた。

これは、来年も出るしかないかな?



2016年7月26日 (火)

大雪山ウルトラトレイルで撃沈・・・

24日は、大雪山ウルトラトレイルに参加してきました。

前日の23日、旭川で昼食。
「すず」にてカツカレー&ラーメンの炭水化物攻撃。
開会式後の懇親会でおにぎり2個。
夕食に弁当&カップラーメンとここでも淡水化物。

朝2時に起きて目覚めのおにぎりと味噌汁。
今回は、スタート・ゴールが北大雪スキー場となり、車で移動する。

Dsc_04511

Dsc_04491

Dsc_04501

天気予報は、晴れの猛暑。
朝焼けがきれいだった。
4時スタート。
膝に痛みがあるので、今回は痛み止めを持って走る。
初めのロード下りで徐々に痛み出し、6km弱でピークとなり、1回目の薬を飲む。ロード区間は、ヒザに痛みはくるが、オンロードの方が少しはラク。
それでもピッチは上がらず、36k地点の第3エイドでぎりぎりのタイム。

林道に入ってからは、登りは早歩き。下りは歩きで、スピードが出ず。
第4エイド到着時点で、平山登山口関門まで1時間半を切っていたので、
ここで終了としました。

膝の痛みを薬でカバーしても練習不足はうそをつきません。
来年まで平山はお預けです。


2016年1月18日 (月)

スノーゲインinルスツ・・・・

お久しぶりです。

昨日は、ルスツでロゲニングをやってきました。

A-3時間クラス、B-2時間クラス、H-初心者1時間クラス
自分たちは、2時間の混合クラスにエントリー。
ライバルは〇瀬夫婦。

12509285_636264789845020_82172913_2

地図読み初心者-自分
ポイント取り-  ○山さん(体力バッチリ!)
ロゲ・スノシュー初!-井○さん

スタート5分前に地図を渡され、ポイントチェック。
遠くのポイントは現地で判断として、近場を回ることでスタート。

3か所目からラッセルとなり、無駄足をする。

12573799_636264779845021_5101782768

沢を巻く予定が、行き過ぎて林の中を急すべり。
申し訳ない・・・・。

12509485_636148379856661_6366665433

撮影部に頼まれ地図を読んでいる絵・・。

最後は、17分ほど残しゴール。
後で見ると近くにポイントがあったのを忘れている。

成績は、Bクラス混合の部1位(出場2チーム)
○瀬チームはXCスキーで苦労をしていた。

12400882_1696987010514736_729043796

まだまだ、体力もなく地図も読み切れていない。
冬は、遠くから目視できるのでだいたいの方向がわかれば探せるが、
夏は、難しい。

3月もあるので、再度チャレンジ!











2015年9月 8日 (火)

XTERRAトレイルラン・・・

忘れたころのご報告!

8月30日に北海道初開催のトレイルランに参加してきました。
その前の週にも、十勝岳・かみふらのトレイルランもあったのですが・・・

XTERRAシリーズ戦の北海道大会。
メインは、前日のオフロードトライアスロン。
かなやま湖周辺を使ったわけですが、今回道マラとバッティングしたため
両日とも、参加人数は少なかった。

土曜日、2時頃留萌を出てトマムに向かう。
5時にトマム着。受付を済ませ、ブリーフィングは野外との事で、スタート前に変える。
旭川組と合流し、夕食。事前チケット購入していないため高い夕食代となる。
今回は、駐車場に車中泊。ワゴン車はゆっくり出来る。

トマム開催のトレイルラン。
主催者の意図は・・・「雲海」
なので、30kmなのにスタートは 5時!

Dsc01397

スタートから、直ぐにゲレンデを直登。
主催者の意図にはまった瞬間。

Xteera_1_2

Dsc01408

Dsc01409

コースは、ゲレンデと林道を使うため、富良野と同じ。
1周目と2周目の距離が違うので問い合わせると、1周目は18kmほどあると言う。
なんかアバウトな感じだった。
コース後半のメインは雲海テラスまでの直登。

Dsc01416

Dsc01417

観光で観るなら最高の景色。
2周目にはもう無かったでした。

予定より、30分ほど遅くゴール。
後ろには、数えるほどしか選手はいませんでした。

Xtterra_5

表彰式で、なんと年代別で

Xterra_4

表彰されました。
50歳台は3人しか参加していなかったですが・・・・
(トップはM先生、総合で2位だったので・・・)

Dsc014171

なぜか、恒例のジャンプ!!

午前中ですべて終了したので、終わってからが楽でした。
温泉に入って、遅い昼食をとって、夕方には自宅に戻れました。

次回開催はWエントリーかな?











2015年7月27日 (月)

大雪山ウルトラトレイル1・・・

昨日は、白滝で行われた
「第3回大雪山ウルトラトレイル」に参加してきました。

前日の受付・開会式に参加。
時より小雨が降る中、説明会は蒸し暑いホール。
ほぼ眠りの中で終了。
交流会は外で・・・。
Dsc01327

撮影用の記念ボードで・・・。

Dsc01333

今年、招待の小川壮太選手。(次の日は全く見る事出来ず)

スタート地点のバンガローに移動し準備をする。
○田君は8時前に到着。特別にスタート前にゼッケン公布してもらう事になる。

2時30分起床。
雨は降っていないが、蒸し暑い。
3時半過ぎにスタート地点へ。
歩いて2分は、余裕があり楽です。

Dsc01339

4時スタート。
スタートより下りが続き、ペースが上がる。
5kmも走ると、汗が流れ落ち止まらない。

Dsc01340

朝霧の中に走りこむ感じで・・・(6k過ぎ)

15kの第1エイドでフラスクに水を入れる。
今回はハイドレーションにニプレニッシュを1リットル作ってフラスクで対応しようと思ったが毎回、エイドでコーラ3杯飲んで2本フラスクに水を補充して、エイド間でハイドを飲んでを続ける。
第2エイドでトイレタイム。
給食もあるので、少し時間をかけて補給する。



2015年5月25日 (月)

カムイの杜トレイルラン・・・

昨日は、旭川で開催された
「カムイの杜トレイルラン」に参加して来ました。
前日より嫁さんの実家に泊り準備をしていると・・・

ザックを忘れていました。

友達にメールをいれても遅かったので、次の日に旭川のチーム員にお願いし
借りることが出来ました。

今年は40kmに参加。目標は6時間!

スタート前に
Dsc01250

今回ゲストで来てくれた、石川弘樹さんと一枚!
これで、大会が半分終了!

スタートより登りが続くが初めの折り返しまでは、歩かない。

スローペースではあるが、イーブンで給水ポイント。
ここから、最初の急登がありイーブンでウォーキング。

前回、参加のコースから先は結構なトレイルに入る。
ものすごい急登が待ち構えていて、少し心折れる。

高圧線下などを通り、草原を抜け、一旦国道へ出る。
その後、また林道を通り前回のコースへ。
藪漕ぎ手前で、コース指示が左を示している。
ここから、初コース。
地図を持たなかったので、ループコースと思っていたコースは
下り、登りのピストンと、折り返しの給水ポイントで気づく。

給水ポイントでフラスクに水をもらい、コップで2杯飲み、頭から水をかけてもらった。
生き返る!

しかし、脚は止まったまま!
登りを歩き通す。
分岐より、藪漕ぎに入るが、前からバイクが4台来たときは、さすがに道を譲った。

最後の下りもペースが上がらず、残り1kの給水ポイントよりもRUN&WALK!

でも、ゴール前だけはベストな走りで・・・・ 5:47’26”

11329796_1642559045957136_657916614

予定時間内ゴール出来ましたが、事前準備からやり直しです。
1週間で40km2大会は初めてでしたが、まだまだやれる気になりました。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ