フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月25日 (火)

大雪山ウルトラトレイル・・・・

23日、第5回大雪山ウルトラトレイルに参加してきました。
ここ2年は、80kmに参加、途中リタイアと言う結果で、後半の山岳区間を走り(歩く?)たく40kmにしました。

前日は、午後出発の為前日の受付をやめて直接キャンプ場へ。
いつもはバンガローでしたが、今年は取れなかったのでオートサイト。
でも、1区画が広くテントは3張は張れる広さがありました。

Dsc_11361

テントを設営したら、早速安着祝い。
山の中なので、虫はいますが気にしない!
隣りの、仲間の蚊取り線香を拝借して、テントの中の虫退治。

明るいうちにとなりも合流して夕食。
テントに7時頃入って、大会準備。8時には携帯を持ったまま寝落ち。

朝、1時頃より外のガサガサの動きで目が覚める。
80kmに参加する選手が起き始める。
40kmは8時スタートの為、まだ寝れるが、うとうとが続く。
4時頃覚めてしまったので、そのまま起きて朝食をとる。
今回の朝食は、さけ茶漬け。簡単で腹持ちと水分補給で良かった。

6時半に駐車場へ移動したが、満杯の為そばの路肩に止める。
受付をして、7時過ぎにスタート会場に行き、知り合いと雑談。

Dsc_11371

今年の40kmの参加者は290人。
毎年ボリュームが出て来ます。

Dsc_11381

8時、後方よりスタート。
下りのロードを2、5kほど走るけど、スローな自分は抜かれまくり。
でも、UPと思い気にしない。
林道に入って、少し足が慣れて来たので、イーブンに。
ただ、両ひざは下りでは言う事が聞かないので、スローな早歩き。
それでも、ポールを使って登りを耐えて、下りでゆっくりを繰り返し、
登山口まで、予定より少し早く3時間(11:00)で到着。

最後の給食エイドだが、自分でも結構積んだので給水とバナナで登山道へ入る。
かすかな記憶の中を思い出しながら登山道を登るが、次々と後ろから来る選手に道を譲り、立ち止まる事が多くなる。
ガスガスな雪渓も止まることもなく分岐まで予定より10分遅れで着く
4時間40分(12:40)

ここより、歩行区間(1,2k)晴れれば稜線が見渡せるが今年はガスガス。
でも、反対側のアンギラスは少し見られた。
比麻良山まで来て歩行区間終了。
岩とハエマツのゴツゴツ、ふかふかの稜線を走ったり、歩いたり。

最終エイドの二の沢手前は、山道が崩れていてドロドロ。
二度ほどこける。
エイドで手を洗い頭から水を浴びる。

ここからゴールまで10km。
でも、有明山、天狗岳と急こう配を登り下る。
けっこう足に来ていて、少しの木の根につまずく。

有明山到着6時間40分(14:40)
晴れていれば天狗岳が見えるが、今回見えなかったので、
最後の直登までが早く感じた。直登はつらい!

天狗岳7時間30分(15:30)

天狗岳からのはしごで10分ほど渋滞につかまる。
急なドロドロの下りと走れる稜線を早歩きを繰り返し、スキー場へ着く。

ここから最後の3km。下り・下り・下り・・・・・

もう膝は、下りには耐えられず、細い道をジグザグに歩く。
GPSの距離が止まったように感じる。
林道に入っても早歩きで降りてくる。何人に抜かれたかわからない。

でも、完走は出来る。

8:50’13”   完走しました。

久しぶりの完走です。2ポイントゲットです。

いや~、練習しましょう!




2017年7月11日 (火)

北海道百名山 芦別岳・・・

7月2日
どこに行こうか?
と、迷った結果、芦別岳をチョイス!

いつものメンバー珍念さんを誘って、5時出発。
順調に車は進み、太陽の里に7時過ぎ着。
駐車場には、20台ほどの車が止まっていた。
登山届を書いて、7時20分スタート!
(何組か前に同じ街からのグループがいた)

Dsc01878

スタート地点の標高は330m。頂上は1726,1m
1400mを登る。コースは新道コースをピストン。

樹海の中を順調に進んでゆく。
なだらかな為に、標高は稼げない。結構時間がかかる。

滴るアセも半端なく、ズボンのひざまで色が変わるくらい止まらなかった。
(後ろから来る珍念さんが、膝の後ろからもアセが出ている、と言われた)

鶯谷分岐もわからず、開けた場所に出る。半面山でした。

Dsc01886


少しもやってはいたが、眺望は良く、これから登る芦別岳も山道まで見えた。

Dsc01888

ここからの400mが急登あり、巻道あり、熊のウ○コ(数か所)あり、直下は急なガレ場となり、

楽しめた?

じつは、持参した水が1,5リットル
(スポーツドリンク1リットル、お茶500ml)

頂上に着いたときには、1リットルを少し切っていた。
直下のガレ場は、ツリそうな足をかばいながら、四つん這いで登りました。

コースタイム:5:00を3:00で登って来た。

Dsc01889

頂上で食事(むしぱん・おにぎり1個・スポーツジェル)

今日の天候から、頂上でも20度はありそう。
遠くの山々はもやがかかつてはいたが、360度の視界に癒される。
虫も少ないほう。

Dsc01891

30分ほど休んで、10:50に下山開始。
下りは、そこそこ降りれるが、登りがあると脚がツリはじめる。
そのたびに止まって脚をマッサージ。そして一口だけお茶を飲む。
左がきたら、次は右と交互にツリがおそってくる。

半面山からの1100m下るのはやはりきつかった。
残り300mほどで、飲み物が無くなる。

13:20登山口到着。
コースタイム3:10を2:30

この芦別岳、事前コースタイムを把握していなく、水も食糧も少なく
無事下山出来て良かったです。

北海道百名山 10/100

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ