フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

ブルータスお前もか!

Photo

最近、トレイルランが流行しどのランニング雑誌にもトレランの記事が目立ってきている中で、何と「BRUTUS]は山特集と題し「ワンダーフォーゲル主義」。根っからの山好きが愛してやまない特集をおしゃれに表現。こんなきれいな山ヤマを見せられたら、ゆっくりと長く歩いてみたくなります。来年は、ちょっと多く足を運べればいいと思います。

2008年10月30日 (木)

高橋尚子引退

Qちゃんが引退をしました。う~ん、3月の名古屋国際で27位の時点でトップを目指すのは難しいとは思いましたが、今回の会見で「プロ高橋」の走りが出来ない・・・。資金を提供してもらい毎日が走る環境でそれが仕事。生活の80%が走り。プロの世界の厳しさがまた1面見れたような気がします。これからは、エンジョイできるランが出来るでしょう。でも、広く浅くの自分では、一競技では飽きてしまうので、今が一番かな。でも、70・80才まで今の競技を続けていければ一番いいとおもいます。

先週より、気温がグングン下がり雪の便りが聞こえてきましたが、そろそろ自宅も暖房を入れようと26日の夕方、スイッチを入れたところ「エラー」のメッセージが表示。何度もやったが同じ、説明書を見ても分からずその夜は風呂に入り暖をとる。次の日点検してもらうと、部品交換。取り付けは二日後、夜はファンヒーターと風呂で過ごす。室温はそれでも19度もありました。

Photo

昨日の夕方、部品交換されたうちのストーブが点火されやっとアズマしい生活になりました。

2008年10月26日 (日)

涙・涙の結婚披露宴

昨日は、午前中時間をもらい走りだめをしてきました。コースは、黄金岬-西海岸-礼受牧場-千望台-いこいの森まで行き早道を戻って来ましたが、足にきていたのか千望台で歩いてしまいました。いこいの森手前の分岐点で戻ろうかと思ったけど、水とジェルを補給したら少し回復、何とか帰宅出来ました。午後からは、走り仲間の結婚式。

Photo_2

新郎新婦のさわやかさとオシャレな演出、そしてご両親への感謝の言葉など感激してしまいました。出席者も知っている顔ばかりで楽しさ倍増。帰りのバスの中も盛り上がりました。安着祝いでそのまま2次会へ。よく飲み、よくしゃべりました。

2008年10月25日 (土)

久し振りSWIM

昨日は、外もだんだん寒くなり風も強かったので、夜外ランを断念。久しぶりにぷるもにてトレッドミル&SWIM。トレーニング室は結構込んでいてミルも空きが1台あったので潜り込む。ビルドアップで上げていったが、膝に痛みが来たので落としイーブンで50分。その後ダウンスイム。オールプルブイをつけてのドリル&スイム。ここでの教訓、「継続は力なり!」。泳げません。これからのシーズン泳ぎ込み&ローラー&ラン・・・・結局、すべてじゃ~!!

ところで

Photo

旭川に向かう時に通る「湯内トンネル」ですが、この写真でおかしなところ、わかります?そう、人の影が・・ではなく、トンネル手前はセンターラインが黄色で追い越し禁止。確かトンネル内も追い越し禁止ですよね。入口の標識が追い越し禁止解除になっているんですね、これが。トンネルを出たところからは、センターラインは白点線。設置間違いなのだろうか・・・・。

2008年10月23日 (木)

日本ハム応援終了!

クライマックスシリーズ第5戦、2勝2敗で迎えた試合、夜のジョグをしながら応援していましたが、競る事もなくあっさり負けてしまい、今年のシーズンを終了してしまいました。クライマックス優勝を信じ今週に入り晩酌を止めてましたが今日1本出しました。

Photo

新潟の酒ですが、限定品の純米酒。確か正月に実家にあったやつをもらってきました。でも一人で飲むのがもったいなくて、とってありました。仲間が集まって飲むこともなかったのもあるけ・・。まったりでふくよかな味で大変うまかったです。でも、グラス2杯でおしまい。なんか飲めません。最近は飲みに出ても途中で眠たくなり寝込むこともあり。弱くなった(もともと弱い。)かな?

ハセツネが終わり本格的な大会は終わりになり練習も休みがち。でも何とか目標達成はしたい。一月坊主では終われない。来年の宮古の申込も始まりちょっと新しい目標が出てきました。でも、泳ぎも、自転車も今月はゼロで~す!

2008年10月20日 (月)

ハセツネ 総括(給食)

Photo

ハセツネ装備(給食) 

  • ハイドレーション(水2㍑―リプレニッシュ4袋)
  • ボトル(水500ml-リプレニッシュ1袋)
  • ボトル(水350ml)
  • 第2関門にて―水1,5リットル給水
  • 御岳にてボトルに水を750mlと350ml給水
  • おにぎり-2個-(第1・第2関門で1個づつ給食)
  • パワージェル5個(3個をフラスコ)-フラスコ半分を給食
  • カーボショッツ6個(3個をフラスコ)-フラスコ半分を給食
  • ソイジョイ1個
  • クリーム玄米ブラン2袋分3種類-行動中に給食
  • アミノバイタルステック8袋-3袋使用
  • アスリートソルト-3回使用20粒程
  • 漢方の胃腸薬

今回の給水・給食の内容ですが、パワージェルとカーボショッツの使用がほとんどありませんでした。固形物のおにぎりと今回は、クリーム玄米ブランが非常にうまかったです。行動中に食べましたが、粉っぽくなく口の中で噛み砕き流動食みたいに流し込みました。1袋に子袋が2個あり両方で180カロリーあります。価格もお手頃です。昨年の経験より水は多めに持ちましたが、第1関門でハイドパックの残量は3分の2あり第2関門までに結構飲みまくりましたが、給水して溢れそうでした。第3関門ぐらいよりゴールまでのパフォーマンスを考えると、ムサシのリプレニッシユが非常にいいパフォーマンスを引き出したと思います。口に残らず、少量づつ含んでも口が渇くことがない。ただ、違う味(特に水が恋しくなる)も飲みたい。前半で急に動いたのか、お腹の調子が良くなりガスがよく出た。胃腸薬を飲んでしばらくすると治まった。アミノバイタル・アスリートソルトはリプレニッシュがある場合はなくてもいい感じ。

2008年10月15日 (水)

ハセツネ②

まずは、無事完走することが出来ました。帰ってきてから結構忙しく更新することが出来ませんでした。

11日 留萌―五日市 午前中の仕事を終らせ、2時半にデッキーを乗せ空港に向かう。4時半には着き5時10分発で羽田に向かう。6時55分に到着し、駆け込みで立ち食いそばを食べ調べていた通りの時間で列車を乗り継ぎ武蔵五日市に9時30分過ぎに着く。すぐにコンビニに駆け込み夕食と朝食、それに安着祝いのビール、つまみを買い旅館に入る。「油屋旅館」はスタート会場に1番近い宿泊場所でなかなか取れないみたい、でもメールを入れたら素泊まりOKで予約一発でとれました。部屋は別館なので古かったですが、眠るだけなので充分。ビール1本飲んで再度買出しに出るともう店は1件も開いていませんでした。時間は10時半。でもこれが良かったと思います。12時前には眠りに着きました。

12日 早朝―スタート 朝は6時過ぎに寒さで起きる。布団1枚では結構寒く何回か目が覚めた。朝食を取り、7時半前に体育館に向かったが8時から開館と聞き戻りかけたときにスタッフの計らいで開けて貰い4人分の場所を確保する。再度旅館に戻り9時頃までゴロゴロする。荷物をまとめ体育館に向かう。すぐに渡辺ファミリーも到着する。10時からの受付に向かうと長蛇の列。やめようかと迷ったが列の後ろに着く。

Photo

受付前にストーンキッズのアカからTELがあり、新しく作ったチームポロとロングTシャツをもらう。混雑する受付を済ませ、ブースでサプリを購入、スーパーで昼食を買って体育館に戻り準備をしながら食事をすませる。スタート30分前にグランドに出る。今日は風も無く気温も20度以上はあるようである。スタートセレモニーが終わりスタート位置に着く。今年も20時間看板の前に立ったが、後ろには数十名の選手しかいなかった。

Photo_2

12日 スタート―第一関門 午後1時スタートの合図がなり選手が動き出すが、自分たちがスタートラインを超えたのは3分後。走るペースはスロー、でも今熊神社までは、止まることなく進む。今年も入山峠前は渋滞、でも昨年ほど止まっている時間は長くはなく石段を上がる。

Photo_3

市道山までに走る・歩く・止まるを何度か繰り返す。留萌組はほとんど同じ位置をキープしながら前を行く。途中前が詰まり始めた先を見ると二人に抱えられた選手が急斜面を上がって行く。登ったところで選手は骨折みたいとの事すぐスタッフが反対より駆け降りてきた。対応が早い。醍醐丸峠を17時40分すぎに通過する。若干明るさは残るが足もとが見ずらい。連行峰あたりでヘッドライトを出しハンドウォーマーをする。この頃より留萌組の前を進む。三国峠前には闇夜と化しライトを頼りに進むが明かりが心細くなり峠で交換する。日原峠あたりより集団走行となるが前に歩く選手にライトが当たり足もとが見づらくなるのでスペースがあると前に出る。それを何度か繰り返し第一関門に18時50分(5:49’24”)到着。

Photo_4

ここでは、座るスペースを確保するのがたいへんでコースロープの脇に座るとほどなくデッキーが到着(5:50’37”)する。給食のおにぎりを食べてポールの準備をする。

12日 第一関門―第二関門 第一関門よりポールを使用出来るが、昨年使用しなかったので今年は足の負担軽減で使ってみる。三頭山までは比較的に走りやすい(自分の場合は早歩き)場所が多いので一人か集団でも前に間をあけて進む。昨年は、第一関門でサバーの水が無くなり三頭山の避難小屋で2時間仮眠、大沢峠より第二関門までの7kmを無水で歩きリタイアと無残な結果となりました。同じ場所を通過するごとに、「ここでこうなった」、「ここでああなった」と思い出しながら歩いて走っている自分がすごいと思っていました。月夜見山、周遊道路を経て第二関門到着。0時26分(11:26’28”-5:37’04”)。昨年、寒空の中を震えながら進むことに戸惑っていたが、今年はまだまだ余裕がある。ここでもおにぎりを食べ、ウインドブレーカーを着てコースに出る。

13日 第二関門―第三関門 ここからは未知のコースとなり不安な点が多い。駐車場より草っぱらを下って登って登ってを繰り返し御前山の標識が出始めた頃より登りが続く。登山の距離間が全く分からず気持ち的にこたえる。他の人のブログでコース写真があり暗いながらもその場所がわかるとホッとする。御前山の頂上でゼッケン確認の時1050番台でスタッフ話していた。大ダワを過ぎたところよりヘッドライトが渋くなり路面が見づらくなったのでポールをしまいハンドライトを使用する。快適に岩場だらけの大岳山を登り始めたところでハンドライトが突然消える。再度点けても数秒で消える。すぐにヘッドライトの電池を交換しポールを出しハンドライトをしまい再スタートする。三国山よりほぼ10時間なので、説明書通りでした。大岳山頂上手前よりコースを知っている女性が先行してくれたためにコース状況を話しながら進むことが出来ペースも少しづつ上がりました。鉄の階段を過ぎ道が緩やかになったところで女性が、「ここから走れます。先にどうぞ」と脇にそれたので、走る気はなかったけど挨拶をして早歩きで抜き去る。本当に快適な山道が続き自分でも信じられないくらい走れる。御岳山の水場でボトルに水を入れ再度走り第三関門に到着。5時28分(16:28’19”-5:01’41”)

13日 第三関門―ゴール 関門を過ぎると参道があるが、雑誌で見るよりも短かった。略地図は持っていったが、見ることは無かった。「こんな所なのか」とか「まだあるのか」なんて思いながら走ったり、歩いたり。丸太を組んだ階段を何段も上がり日の出山に出る。写真で見る朝焼けは見れなかったけど、自分が通った山並みが見れ少し感動する。

Photo_5

スタッフより後13kと言われ木階段を下り始めるが、さっきまでのパフォーマンスができない。脚が重く、水は飲んでいるのに口も渇き気味。スタートから飲んでいたスポーツドリンクを止め水としたせいなのか。そして緩急の下り坂を転げ落ちるようなことも出来ず、歩くように下る。今までパスした選手以上にパスされる。最後の坂を下り道路出たらW邊ファミリーの奥さんが驚いた顔で迎えてくれた。速すぎる登場のようだった。住宅街を折れて最後の直線でゴールが見えてきたが、感動の余韻を楽しむまもなくゴールゲートをくぐる。8時3分(19:03’10”-2:35’51”)気持ち的に余裕のある上出来のゴールでした。

Photo_6

留萌組もつぎつぎにゴール出来、お昼前に仮眠をし、早めの昼食をとり、申し訳なかったですが、空港に向かいました。夕刻の飛行機で戻り自宅到着は9時半となりました。辛くて楽しいハセツネでした。反省と総括は後日・・・・。

2008年10月10日 (金)

ハセツネ ①

ハセツネまで2日となり、今日滝川の整体に行ってきました。18年前ぐらいに腰を痛めた時から最終的に痛みの取れない時に行っていますが、泣きます。6年前の宮古参加の時は、1週間前に痛め立てない状態で、木曜に整体に行き日曜に大会と自分の中では、ここなら必ず痛みは取れると言えます。でも、治療は荒っぽいので半泣き状態です。

Photo

今年のハセツネ装備を揃えてみました。たぶん5kgぐらいになりそうです。でも昨年の失敗を考え、寒さ対策、水分、補給食を揃えました。後は、天候と体力です。

2008年10月 7日 (火)

備品-「ファイントラック・・・・」

昨日は、仕事で半日倉庫整理。結構な汗をかき最後は少しクラクラ状態。途中でコーラを飲みましたが、ボーっとするので、スポーツソルトと鉄タブを補給、少し楽になりました。仕事がら、今どきがピークなので仕事=耐久運動となり、汗が出るため最近は毎日スポーツソルトを補給しています。ので、練習は無し。

Photo

昨年の秋に購入しました「ファイントラック フラッドラッシュスキンメッシュ ノースリーブ」。値段もそこそこなので迷いましたが、これはGOODgoodでした。肌に当たる感じがやさしく汗をかいても冷たさを感じません。春から夏のマラソン大会、トレイルラン、登山、たまに練習に着ましたが、夏の暑いときでも2枚着ている事を感じさせません。昨年のハセツネで非常に寒い思いをしたので、この1枚は強い味方になりそうです。

さらに寒さ、雨対策。

Photo_2

「モンベル ストームジャケット」これも、春にセール品を購入。9月の黒岳登山で使用しました。サイズMを購入して不安でしたが、登り下りとも動きに支障はありませんでした。軽量でシームレスのため多少蒸れます。でも雨降りは威力発揮です。将来的にパンツも・・。

2008年10月 6日 (月)

備品-「ノースフェイス Shrike」

Photo

日曜日に朝走って来ました。今回ハセツネで使用するザック「ノースフェイス シュライク」を背負って試走しました。容量は、12リットルのLサイズ、重量は450g。左ショルダーのところにフラスコを取り付けられる用に出来ています。ハイドレーションは背面に接していて下ろした状態で残量が確認できます。2か所に詰められる場所がありますが、外側部分は、資料等の薄い物ぐらい。ウエストのパックは他のザックより大きく感じます。中も小さなポケットがあり、ジェルや粉の包装を入れて置くのにいいかもしれません。外側下のネット部分はボトルを入れる為の物で無いようで、落ちはしなかったですが両方には入りずらかったです。胸元の留め金具がホイッスルになっていてビックリです。

2008年10月 2日 (木)

違和感・・・

Photo

10月に入り、ハセツネのパンフが届きました。参加者名簿を見ると知っている人も何人かいました。昨年より緊張感がありません。まずいです。でも、じょじょに湧いてくるのかな?

9月の最後にぷるもに行き、トレッドミルとプールで泳いだのですが、腰に張りが出て、痛みも出てきました。腰痛の前兆ですが、今回は少し重たい感じです。テーピングと腰痛ベルトで固めていますが、どこまで回復できるか心配です。最後は整体行きかな。

そんなわけで、大会までイージートレーニングでいきます。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ