フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

中学駅伝

Photo

土曜日に34回るもい中学駅伝が開催されました。もう34回もなるんですね。この大会、出場校は管内と富良野地区だけみたいですが、主催のみなとライオンズ様が40周年ということで参加校の拡大もあるのかと思いましたが、なかったようです。

男子は、上富良野中学が優勝。ダントツの速さで連勝でした。女子は久しぶりに留萌中学が優勝しました。参加校が増えても時間が遅くなることでもないので、間口増やしてもいいと思います。駅伝と言う競技は襷をつなぎ合うことで信頼関係が出てくると思います。いいですよね、エキデン。

中学生のがんばりを見て自分も練習意欲がわきました。

明日は、北海道マラソンです。多くの仲間が参加しています。その中に参加できない事が今年はくやしいと思います。でも、まずは仲間がゴール出来るように応援します。(テレビの前で・・・。)

2008年8月27日 (水)

黒岳記録会

昨日はハンドライトを持って河川敷&神居岩を走ってきました。昨年のハセツネでライトの光だけを見ながら走っていると、船酔いみたいになったり、ライトを追いかけたりして結構走り&歩きに影響がありました。でも、真っ暗な山の中ではないのでどこまで慣れるか微妙です。

ところで、先日の新聞に小さく「登山の速さ競おう7日、黒岳記録会」という記事がありました。

黒岳ロープウェイで5合目まで登りそこから自分のペースで登山を始める。タイムは実行委員会が計る。参加費は2200円。申込は9月6日までに実行委員会へ、となっている。

7日と言えば「NACのトレイルラン」と同じ日なのだが、まだ申込をしていない。9月の14日・21日と予定がある為に迷っています。10月のハセツネ対策にはNACだろうし、黒岳は登った事ないし・・・。でも、多分仕事でしょう。1番のネックは、ハセツネの3日間を休むことです。今年最後かな?

2008年8月25日 (月)

秋の気配・・・

今週末の気温が20度を切って、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。日曜日は夕方走ってきましたが、長そで&長スパッツ&薄手のウインドブレーカーでスタート。

コースは、先週から始めた千望台―礼受牧場折り返し。・・・う~ん?どこかで聞いたことのある名前・・。そうです、珍念のホームコースを荒らしに行っています。先週は300gのハンドウエイト、今週は2ℓを担いでスタートしました。

高砂    ― 千望台    4,9km

千望台  ―  礼受牧場  5,1km

礼受牧場 ―  高砂    5,0km

このコースは、ちょうど15kmの距離で、アップダウンが2か所ありで結構ハードです。珍念の走力はこのアップダウンにあったのかな?さすがに1時間半では走れませんが、アップダウンをいかに効率よく登り下ることが出来たら自分も走力UPになるかな。

このコース初めに千望台に行くか、礼受牧場に行くかでも足に来る疲労も千望台の上りスピードも変わってきます。それと、千望台―礼受牧場を周回すると5kmごとのラップが出るので、いいロングコースが出来そうです。・・来年やります。

2008年8月21日 (木)

…その後

Photo

オリンピックのトライアスロン競技も終わり、女子の活躍は目覚ましいものでした。メジャーでないスポーツがメジャーになるためには、やはりオリンピックでメダルを取ることかもしれません。今回は、フェンシィングかな?フルーレで銀メダルを取った太田選手にちなみ8月13日を「フェンシンングの日」とし、今までの大会をこの日にずらすそうです。トライアスロンも世界選手権では優勝していますが、オリンピックでのメダルを期待します。

今回トライアスロン関係で気になった種目は「オープンウォーター(OW)」

Photo (時事通信より)

南アフリカのナタリー・デュトイト選手。バイク事故で左ひざを切断。パラリンピックでは競泳でメダルをとる選手、今回は10kmOWに参加。16位でしたが見事な泳ぎでした。これからは、障害のある選手もオリンピックの中で参加する場面が出てくると思います。自分たちも頑張らないと・・・・。

2008年8月18日 (月)

鉄人三項

Photo

始まっているはずです。オリンピック、トライアスロン女子。11時からなのでもう開始していますが、LIVEで見れないです。メジャーでない弱みです。

Photo_2

コースは、スイム1,5km

      バイク40km(6周)

      ラン 10km(4周)

録画で見れるのは、4時からのBS。う~ん、仕事中。どうしよう・・・・・・?

2008年8月16日 (土)

河川敷

Photo

お盆休みは、14日のみ。旭川の嫁さんの実家に泊まりその日1日は家族の買い物の運転手。朝5時に目を覚ましたのでジョグ開始。実家は秋月で河川敷のすぐそば。今回は秋月橋―花咲大橋―金星橋―旭橋を回る約9km。旭川の河川敷は整備されていてとても走りやすい。それに通勤、通学の通り道にもなっている。橋の横断は橋の下を通り抜けるようになっていている。車を気にせず走れる。河川敷の表示は旭橋から始まっているが層雲峡までの距離が出ています。その距離65km、どこまで行けるか自転車でチャレンジしてみたいです。

2008年8月12日 (火)

忠別湖トライアスロン その2

ゴール後、コスタリカと話をしていると「獣獅魔都」の魔界壱号が仮の姿で現れました。トライアスロンの応援と思って話をしていると、なんとジュニアの大会に二人の息子さんが参加していたそうです。水泳は習っていたが、バイク・ランは1週間前から本格的に練習したそうですが、トランジットで手間取ったそうです。スイムでは上位で上がってきたそうですが、足をふき靴下をはいてヘルメットをかぶっている間に何人も抜かされたそうです。トランジットは第4の種目と言われています。それなりの練習も必要です。下の子供は興味があると言っていました。みんなでジュニアの育成をしながら地元で大会を開催したいです。

2008年8月11日 (月)

忠別湖トライアスロン

Photo_3

「忠別湖トライアスロンinひがしかわ」に参加してきました。土曜日3時半には東川の開会式会場に着き、久し振りに会う仲間と会話を交わしているとコスタリカも到着。ブルべで顔が真っ黒になっていました。開会式・説明会は駆け込みで終わりそのまま抽選会へ。ミニ交流会の名の通り受付時に渡されたお菓子と水で番号を呼ばれるのを待ちました。コスタリカはソックス、自分はメダリストが当たりました。6時には終わり二人でスタート会場に移動、コスタリカのテントを立てて、食事・買出し・温泉にと繰り出す。温泉は西神楽の「花神楽」に行きましたが、キャンプ場も温泉もイモ洗い状態でした。  スタート会場に戻ると、そこはプラネタリューム状態。満天の星を見ることができました。

車を止めた場所は役員の場所だったため、5時には雑音で起こされ若干の移動をして朝食タイム。そのころにはジュニアの選手、家族が集まり出す。

Photo_4

スイムスタート会場は、ゴール地点より1kmほど離れているのでスタート準備をしてスイム会場に移動する。ジュニアのスタートは中学生が8時小学高学年が5分低学年が15分にスタートする。

Photo_5

Photo_6

ジュニアには85名が参加、トランジットも大人顔負けの速さで次の種目に移っていきました。将来の為にジュニアの大会が増えるといいです。

大人の部は、10時スタート。スタート前に試泳をする。スタート地点より三角形に時計回り、右から風が吹き小さな小波が立ち始めて来る。10時、スタートの合図がなる。

スイムは750m×2周回。バトルを避けて、ブイ側後方よりスタートする。海と違い水が重い。うねりではなく波が壁のように立つので、呼吸の時にまともに顔にかぶる。第二ブイから浜辺折り返しまでが風のついた波で、前に進まないし、水は飲むしで溺れそうになる。1周回目は18分かかる。2周回目は、周りに選手がいなかったので、自分のペースで泳げたが、波にもまれスイムを22分で上がり砂地と縁石を駆け上がりバイクトランジットへ移動、バイクへ移る。

バイクは13,3kmを3周する。スタートより1kmぐらいが緩やかな上り、途中500mほどのトンネルがありその向こうは、2,5kmは急な下り、残りは折り返しまで若干下る。つまり、折り返せば逆に上りとなる訳で平坦なところはトンネルだけのようなコース。今回、宮古から帰ってきてバイクほとんど乗らなかった割には足が回りました。でもさすがコスタリカには1周半でぬかされました。でも、予定のタイムより速くバイクゴール。

ランは、バイクコースの反対側を走りゴール地点とを3,5周回するコース。走り始めは下り、折り返して上りのコースだったが、2周回目は自分でもいいペースと思えるくらい足が回っていました。自分でラップを取っていなかったが、K/6分のイーブンだったと思います。応援にも手をあげて返事が出来る余裕がありました。ゴール周回コースに入りここでも余裕のあるゴールテープを切ることが出来ました。3時間8分ぐらいだと思います。

この大会、障害者が4人参加されていましたが、最終完走者が千葉から初参加の桑村雅治さん45歳でした。

Photo_7

左足付け根より切断したために義足が使えず、それでも競技に参加したいために「クラッチ」と呼ばれる杖を使い10kmを歩きました。

「本当にやりたい夢があるなら、努力と情熱さえあればなんとでもなります。それを証明するためにもいろんな大会に出て、PRしていきたいと思います」「壁は越える為にある」という事を。選手紹介のところに書いてありました。

オロロンと同じぐらい感動の最後を見ることができました。第3回大会の開催をさらに期待します。

2008年8月 6日 (水)

SWIM&RUN

練習として、通わなくてはならないプールですが、足が向きません。昨日、半月ぶりにSWIM練習開始。UP・KICK・PULL・KICK・DWでPULLメインで2200。いつもはダラダラの練習水着を着るのですが、帰りを考えて、大会用(普通の人は練習でも同じだが・・)を着用。いつものようにずり上げて着用する姿は「レイザーレイサー」。ちょつと小デブの下半身がストリームラインに変身。ただ、上半身は浮力がありすぎで、アンバランス。泳いでも、バシャバシャと溺れているようでした。

そういえば、先日の中体連でFR女子選手が「レイザーレイサー」を着用していました。結果はダントツの1位。話によると高校生の姉も水泳の選手とのこと。ここで出た話が、

「子供が実力があるなら着せるよね、買えない金額でないし。」

自分の子供がその状況だったらどうなんだろうか?多分そうするのだろうか?いまだに悩む。・・・話は戻り、SWIM後はJOGで帰宅する。

2008年8月 5日 (火)

TRANS YEZO

Trans_yezo_2003

昼前に、小平方面を仕事で走っていると、いましたいました。ランナーが何人も走っていました。今年のスタートがいつなのかわからなかったので、そろそろか、と思っていたところでした。北海道の北のはずれ宗谷岬から、南の襟裳岬までたしか6日間で走り続ける。そしてまた、宗谷岬に戻るWの参加者もいるとのこと。この大会サポートはあるが、時間内にゴール出来なければ、公共機関を使いゴールまで辿り着くことになっていると聞いています。今日のコースは羽幌から留萌を通り275号線に出て北竜の道の駅がゴール。距離は86km。総距離600kmはあったと思います。参加者の完走を祈ります。

2008年8月 4日 (月)

中体連in帯広

この週末は、娘の最後の中体連応援とお得意様周りを兼ねて帯広に行ってきました。天気はあいにく二日間とも雨。室内のプールでは、外の天候を気にすることなく熱い競技が繰り広げられました。

Photo_2

中学生は、表彰台に立てても全国標準参加タイムを切らないと全国大会に参加できません。だから予選タイムでも参加タイムを切ると全国大会行き。観覧席の父母・監督・外部コーチの一喜一憂の歓声が響き渡ります。我が娘は、1日目FR800m、2日目はFR400mの中長距離を泳ぎます。目標はベストタイム。長水路のベストでしたが、父としては少々不満が残ります。でも本人も出たタイムに納得はしていないみたいです。

大会の出発前まで、この大会が終わったら引退、「高校ではやらない 」と言っていましたが、本人より「高体連に1年だけ参加しようかな」と前向きな言葉をもらいました。ちょっとホットしています。来年まで一緒に練習ができればいいです。

1日目の夜は、コーチと親で食事をしました。帯広にこれだけたくさんの居酒屋があると思いませんでした。初めて入った「魚や」でおいしく料理と酒を頂きました。出る時にカウンターで引率の先生が飲んでいました。全くの偶然、浜育ちは魚に魅かれるのか・・・。

皆さんと別れて自分たち夫婦は、屋台村へ。結構込んでいる中から今回は韓国屋台店に入りました。そこでたのんだ

Photo

「ケジャン」。青ナンバンが入ったコチュジャンみたいなタレに生ワタリガニのぶつ切りを絡めてある。これが辛いがやめられない。マッコイが進む。残ったたれを石焼ビビンバに混ぜて最後を締める。満足の1件でした。夏の晴れた日には、通路に段ボールをひいてベタ座りで楽しむお客もいるそうです。また行きたいです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ