フォト

ジョグノート

最近のトラックバック

2017年7月25日 (火)

大雪山ウルトラトレイル・・・・

23日、第5回大雪山ウルトラトレイルに参加してきました。
ここ2年は、80kmに参加、途中リタイアと言う結果で、後半の山岳区間を走り(歩く?)たく40kmにしました。

前日は、午後出発の為前日の受付をやめて直接キャンプ場へ。
いつもはバンガローでしたが、今年は取れなかったのでオートサイト。
でも、1区画が広くテントは3張は張れる広さがありました。

Dsc_11361

テントを設営したら、早速安着祝い。
山の中なので、虫はいますが気にしない!
隣りの、仲間の蚊取り線香を拝借して、テントの中の虫退治。

明るいうちにとなりも合流して夕食。
テントに7時頃入って、大会準備。8時には携帯を持ったまま寝落ち。

朝、1時頃より外のガサガサの動きで目が覚める。
80kmに参加する選手が起き始める。
40kmは8時スタートの為、まだ寝れるが、うとうとが続く。
4時頃覚めてしまったので、そのまま起きて朝食をとる。
今回の朝食は、さけ茶漬け。簡単で腹持ちと水分補給で良かった。

6時半に駐車場へ移動したが、満杯の為そばの路肩に止める。
受付をして、7時過ぎにスタート会場に行き、知り合いと雑談。

Dsc_11371

今年の40kmの参加者は290人。
毎年ボリュームが出て来ます。

Dsc_11381

8時、後方よりスタート。
下りのロードを2、5kほど走るけど、スローな自分は抜かれまくり。
でも、UPと思い気にしない。
林道に入って、少し足が慣れて来たので、イーブンに。
ただ、両ひざは下りでは言う事が聞かないので、スローな早歩き。
それでも、ポールを使って登りを耐えて、下りでゆっくりを繰り返し、
登山口まで、予定より少し早く3時間(11:00)で到着。

最後の給食エイドだが、自分でも結構積んだので給水とバナナで登山道へ入る。
かすかな記憶の中を思い出しながら登山道を登るが、次々と後ろから来る選手に道を譲り、立ち止まる事が多くなる。
ガスガスな雪渓も止まることもなく分岐まで予定より10分遅れで着く
4時間40分(12:40)

ここより、歩行区間(1,2k)晴れれば稜線が見渡せるが今年はガスガス。
でも、反対側のアンギラスは少し見られた。
比麻良山まで来て歩行区間終了。
岩とハエマツのゴツゴツ、ふかふかの稜線を走ったり、歩いたり。

最終エイドの二の沢手前は、山道が崩れていてドロドロ。
二度ほどこける。
エイドで手を洗い頭から水を浴びる。

ここからゴールまで10km。
でも、有明山、天狗岳と急こう配を登り下る。
けっこう足に来ていて、少しの木の根につまずく。

有明山到着6時間40分(14:40)
晴れていれば天狗岳が見えるが、今回見えなかったので、
最後の直登までが早く感じた。直登はつらい!

天狗岳7時間30分(15:30)

天狗岳からのはしごで10分ほど渋滞につかまる。
急なドロドロの下りと走れる稜線を早歩きを繰り返し、スキー場へ着く。

ここから最後の3km。下り・下り・下り・・・・・

もう膝は、下りには耐えられず、細い道をジグザグに歩く。
GPSの距離が止まったように感じる。
林道に入っても早歩きで降りてくる。何人に抜かれたかわからない。

でも、完走は出来る。

8:50’13”   完走しました。

久しぶりの完走です。2ポイントゲットです。

いや~、練習しましょう!




2017年7月11日 (火)

北海道百名山 芦別岳・・・

7月2日
どこに行こうか?
と、迷った結果、芦別岳をチョイス!

いつものメンバー珍念さんを誘って、5時出発。
順調に車は進み、太陽の里に7時過ぎ着。
駐車場には、20台ほどの車が止まっていた。
登山届を書いて、7時20分スタート!
(何組か前に同じ街からのグループがいた)

Dsc01878

スタート地点の標高は330m。頂上は1726,1m
1400mを登る。コースは新道コースをピストン。

樹海の中を順調に進んでゆく。
なだらかな為に、標高は稼げない。結構時間がかかる。

滴るアセも半端なく、ズボンのひざまで色が変わるくらい止まらなかった。
(後ろから来る珍念さんが、膝の後ろからもアセが出ている、と言われた)

鶯谷分岐もわからず、開けた場所に出る。半面山でした。

Dsc01886


少しもやってはいたが、眺望は良く、これから登る芦別岳も山道まで見えた。

Dsc01888

ここからの400mが急登あり、巻道あり、熊のウ○コ(数か所)あり、直下は急なガレ場となり、

楽しめた?

じつは、持参した水が1,5リットル
(スポーツドリンク1リットル、お茶500ml)

頂上に着いたときには、1リットルを少し切っていた。
直下のガレ場は、ツリそうな足をかばいながら、四つん這いで登りました。

コースタイム:5:00を3:00で登って来た。

Dsc01889

頂上で食事(むしぱん・おにぎり1個・スポーツジェル)

今日の天候から、頂上でも20度はありそう。
遠くの山々はもやがかかつてはいたが、360度の視界に癒される。
虫も少ないほう。

Dsc01891

30分ほど休んで、10:50に下山開始。
下りは、そこそこ降りれるが、登りがあると脚がツリはじめる。
そのたびに止まって脚をマッサージ。そして一口だけお茶を飲む。
左がきたら、次は右と交互にツリがおそってくる。

半面山からの1100m下るのはやはりきつかった。
残り300mほどで、飲み物が無くなる。

13:20登山口到着。
コースタイム3:10を2:30

この芦別岳、事前コースタイムを把握していなく、水も食糧も少なく
無事下山出来て良かったです。

北海道百名山 10/100

2017年6月26日 (月)

サロマ63km・6回目の・・・

24日、5時過ぎに仕事を終わらせ湧別に向かいました。
旭川で夕食を取り、9時半湧別町役場に着き準備を済ませ、10時過ぎ就寝。

車に叩き付ける雨の音で、ウトウト状態で0時過ぎに目が覚め、再度寝る。
今度は、ゼッケンがうまく着けられない夢を見て2時前に起きる。
アラームより早いが、そのまま起きて準備をする。

雨は降り続いている。

朝食は、豚汁にもち2個。それにおにぎり1個。

4時過ぎに、走ろう会のメンバーが集まる。

Dsc01863

今回、参加出来なかったWファミリーのゼッケンをゴールまで持って行こうの提案した。(提案した本人だけがゴールできない!!)

ぎりぎりまで雨宿り。

Dsc01866

(カメラ持参したが、レース中は写す余裕が無かった。)

5時スタート。
練習では、キロ7分を切って走ってはいなかったけど、6分45で進む。
早いペースを落ち着かせ7分で進むが上げ下げが激しい。
雨は続くが、寒くはない。

10km 1:12’47(ラップ1:09’46)
予想は、キロ7分15
少し飛ばし過ぎかな。

20km 2:22’21(ラップ1:09’34)
イーブンペース
エイド過ぎてトイレタイム

30km 3:36’01(ラップ1:13’40)
エイドに止まらずパン、スイカを持って歩きながら食べる。

40km 4:52’39(ラップ1:16’38)
そろそろ、ひざ回りに違和感

42,195km 5:08’48
今までで、一番遅いかもしれない

50km 6:09’48(ラップ1:17’09)
登りは早歩き、下りも早歩き?

55kエイドでは、おにぎり2個をほおばり、麦茶1杯で出る。
多分、今までで1番早いかもしれない。

直ぐの登りで足が回らず、スローペース。

56km・・・

57km・・・・・

58km・・・?

看板を過ぎたところで、両ひざに激痛が走る。
脚が前に出なくなる。
60kエイドまでが遠い・・・・。

60km 7:38’22(ラップ1:28’34)
関門閉鎖時間9分前に通過。
エイドで止めようと思ったが、痛み止めを飲んで先へ進む。

かと言って、走れる脚はもうない。
歩きと、早足で前を行くがどうにもヒザが言う事を聞いてくれない。

63kmエイドと決めて歩く。

今年のサロマは63kmで終わりました。
最後の時間までゴール出来る脚、作ります。

あと、3回分・・・・。


2017年1月29日 (日)

エナジーバー・・・

昨日は、旭川にてスノーエンデュランスフェスティバル関連イベントに参加してきました。

「Natural Energy BAR」 Workshop というイベント

倶知安の「BIO Life by Rond」の中島愛さんの指導の下
無添加・砂糖不使用・火を使わない、コストパフォーマンスの良い
エナジーバーを作ってきました。

材料は、オーツ麦をベースにドライデーツ・ドライプルーン・ドライクランベリー・レーズンのフルーツにアーモンド・胡桃・ごまのナッツをメインに、きな粉味とココア味好きな方を作りました

Dsc_06851

自分は、ココア味。(写真はオーツ麦・カカオパウダー・カカオニブを混ぜたもの)

Dsc_06871


材料は、順番にフードプロセッサーで粉砕していきます。
硬さ、口当たりはその時々で変えていけるとの事。

最後に、アルミホイルで包む時も食べやすい包み方を教えてもらいました。

Dsc_06921

友達と1個交換で

左が ゴマきな粉
右が カカオ

表面にはべたつき防止に今回はココナッツをコーティング。
味はどちらもくどく無くあつさりな感じ。運動中にどれだけ違和感ないか楽しみです。

Dsc_06881


左の女性は、今回講師の 中島さん
右の男性は、Rond代表の熊坂さん

2017年1月26日 (木)

スタートラインには・・・・

前回の投稿が9月・・・・

生きてはいますが・・・。

2017

昨日、パソコン2台、携帯で申込み。
20分ほど待って繋がり申込み完了!

2年ぶり
15回目
9回目のゴールを目指して
スタートラインに立ちたいと思います!!

2016年9月28日 (水)

とりあえず、OFF・・・

Dsc_05451

今年の大会は終了。
トレラン用は洗濯。
水洗いの泥を落としただけなので、まだ少し臭い!!

2016年9月14日 (水)

スカイビューウルトラトレイル・・・

先週の土曜日、群馬県沼田市のとなり川場村で開催される
スカイビューウルトラトレイルに参加してきました。

前日は朝1番の飛行機でもスタート会場には5時近く、ブリーフィングも途中からで、その後に受付。開会式もなく宿に直行。
準備もそこそこに夕食。

Dsc_05151

鍋は、もつ鍋でボリューム満点でした。

風呂に入り、9時前には就寝。

朝3時前に起きて朝食。
同室になった人の車でスタート会場まで送ってもらう。

5時スタート。

Dsc01783

初めから後方よりスタートするも、後ろから来る選手に
「もう足ビッコ引いているけど、大丈夫?」
と心配される。
山道に入り、少し痛みは消えたけど、ペースは上がらず。
あたりまえだけど、走れない。

A1、到着予定2時間を大幅に超え3時間過ぎて到着。
まわりの選手もまばら。
フラスコ2本に給水をして足を進める。
最初の剣ヶ峰の登りもきつく、ほとんど水を飲みつくし、下り10kを無水で降りるところ、湧水が有りそれで助かる。
この剣ヶ峰からの下りも岩場の急な下り、2回ほど転倒しお尻を石に打ちつける。

W1で水をもらい、下りつづけやっとA2のエイドにたどり着く。
関門閉鎖時間まで15分ほどあったが、ここで競技をやめる。
今下って来たところを同じぐらい登る脚は残っていないし、気力もなし。

6人ほど、自分の近くを走っていた選手もリタイア組となった。

ドクターストップを守らず、最後と思い参加した大会も28kmで終了となり、
そのまま、娘たちのいる川崎まで電車を乗り継ぎ二日間娘と楽しんできました。

これから、治療に専念します。



2016年8月23日 (火)

ラーメン&オムライス・・・

SEA TO SUMMITの開会式に向かう20日の昼食は、
前から気になっていた、ここ・・

Dsc_04911

「エースのジョー」 旭川市東光9条10丁目

メインは海老そば

Dsc_04901

自分は「海老そばネギミソ」
濃厚な海老の味に味噌の香り。
こじんまりとネギがのっていました。(いらなかった!!)

息子が食べた「海老そば醤油」
こちらの方が、海老の味がストレートに出ていました。
最後までスープを飲みきったのは久しぶりです。

次の日、閉会式の後の昼食は、

Dsc_05091

「ファーマーズ・カフェ  風土」  東川町4号北2

客席が9席しかなく、入店した時は最後の1テーブルが空いていた。
全くラッキーな時間だった。
メニューを決めて先に清算をするシステム。
自分は、
Dsc_05051

「オムカレー  980円」

息子は
Dsc_05061

「オムライス  950円」

オムカレーはスパイスが効いているし、オムライスのデミグラソースは、
トマトの味がダイレクトにきます。
決め手の卵は、フワトロのこだわりの卵でした。

注文から出てくるまで30分ほど、食べ終わりに20分ぐらい。
満席になると、1~2時間は待つことになる。
今回は、本当にラッキーで大会参加者が後に来て1時間以上待つことになった。

ここは、モンベルのPOINT会員には特典があり、今回は

Dsc_05071

プリンがもらえました。これが美味しかったです。
最後のコーヒーなんか飲んでいたら時間を忘れてしまう空間でした。

ごちそうさまでした!!















2016年8月22日 (月)

SEA TO SUMMIT・・・

20日、東川に向けて車を走らせる。
雨脚は時々強くなる。
途中の川もいつもの倍の水量で流れている。
途中、昼食を取り受付会場の公民館に1時過ぎに着く。

開会式とシンポジュウム、それと河口恭吾のミニライブ。
実行委員長の挨拶から大会が開催決定でない口ぶり。
モンベル会長は、悪天候でもやりたそう。
(NACのロスを思い出す)
Dsc_04921

河口恭吾のライブも申し訳なさそうに曲数が増えていた。
大会決定は、明日の6時との告知でスタート会場までは行かないとダメ。
5時過ぎに開会式は終了。
様子を見にスタート会場まで行くと、階段20段ほどまで水面が上がっていた。そして、天人峡方面が通行止めになった。

そのまま、旭川の嫁の実家で夕食、準備を済ませ10時過ぎには眠る。

3時40分のアラームで起き、準備を済ませ4時過ぎに家を出る。
途中コンビニにより少しの買い出しを済ませ、スタート会場へ。
数台が先に来ていたが、早い方だった。
天候は晴れのち曇り。時々旭岳も見える。
5時にレンタル受付だが、カヌーの準備が出来ていない。
カヌーキャンセルのBIKEスタートと判断しBIKEの準備に入る。

Dsc_04961

6時予定の本部発表が20分ほど遅れて始まった。
各セクションとも実行は無理と言う事で大会中止が決まった。
特に、ロープーウェーは風速15mあり運行そのものが中止しているそうだ。

最後に、モンベル会長の声のもと、自己判断でカヌー試乗とBIKE乗車を閉会式まですることになる。
みんなが漕ぎ始めたので、自分たちもレンタルしているので、こぎ始める。

Dsc_05001

モンベルのフォールディングカヌーは安定感があり乗りやすい。
息子の初漕ぎは結構腕に来ているようで、休み休みの1時間ほど湖畔を回りました。
その後、BIKEに乗るかの問いにNOの返事で試乗は終了。
10時の閉会式まで、道の駅で買い物をして会場に向かいました。
モンベル会長のヒマラヤの話や河口恭吾の曲も良かったけど、急激な睡魔が襲い、途中記憶が無い。
最後の抽選会。
スクリーンに景品の本数ごとに名前・チーム名が出される。
欲しい景品の時は出れと思うし、いらない景品の時は出るなと思い続ける。
でも、進むにつれて一向に名前が出ない。
結局、最後まで残った自分たちが、
Dsc_05021

カメラをゲットしました。
ただ、関係者等の景品キャンセルがあったので、もしかしたらモンベルのポイント50000円分が当たっていたかもしれない。
最後に、来年までつかえるロープーウェーの往復券が参加者に配られた。

これは、来年も出るしかないかな?



2016年8月16日 (火)

膝・・爆発寸前?・・・

先週は、SEA TO SUMMITの実走を息子としてきました。
旭岳駐車場で車中泊。
朝一番で、吹き出しまで降りて、BIKEで15km登り、朝食。

Dsc01732

Dsc01736

登山の準備をし、本当はロープーウェーで上がるのですが、
ここは下から登りました。
Dsc01739

Dsc01746

姿見の池で少し休み、頂上を目指す。
6合目あたりから、息子のペースが上がらず、
7合目からは、1合ごとに休みを入れる。
約3時間半で頂上到着。
Dsc01751

当日のカヌーが不安いっぱいですが、どこまで出来るか楽しみます。

からの・・・・・

13日。
仕事終わりからの飲み会の間で、BIKE。

Dsc_04811

ロード初乗り。・・恥ずかしい!!
整備不良でした。
でも、軽くこげます!

からの・・・・・・

15日。
軽くJOGと走りだしたけど、500mほどで左ひざに痛み。
止めとけばよかったけど、ゆっくり走り始める。
登りは薄れるけど、下りはやばい。
千望台までスロージョグでいつものコース。
帰りは、エスケープで帰って来ました。
Dsc_04841

今日、朝起きるとひざに激痛。
一日サポーターを巻いて仕事。
月末に病院予約があるので、検査受けることにしよう。













2016年7月26日 (火)

大雪山ウルトラトレイルで撃沈・・・

24日は、大雪山ウルトラトレイルに参加してきました。

前日の23日、旭川で昼食。
「すず」にてカツカレー&ラーメンの炭水化物攻撃。
開会式後の懇親会でおにぎり2個。
夕食に弁当&カップラーメンとここでも淡水化物。

朝2時に起きて目覚めのおにぎりと味噌汁。
今回は、スタート・ゴールが北大雪スキー場となり、車で移動する。

Dsc_04511

Dsc_04491

Dsc_04501

天気予報は、晴れの猛暑。
朝焼けがきれいだった。
4時スタート。
膝に痛みがあるので、今回は痛み止めを持って走る。
初めのロード下りで徐々に痛み出し、6km弱でピークとなり、1回目の薬を飲む。ロード区間は、ヒザに痛みはくるが、オンロードの方が少しはラク。
それでもピッチは上がらず、36k地点の第3エイドでぎりぎりのタイム。

林道に入ってからは、登りは早歩き。下りは歩きで、スピードが出ず。
第4エイド到着時点で、平山登山口関門まで1時間半を切っていたので、
ここで終了としました。

膝の痛みを薬でカバーしても練習不足はうそをつきません。
来年まで平山はお預けです。


2016年6月30日 (木)

利尻島一周悠遊覧人G・・・

6月5日に利尻島一周悠遊覧人Gに初参加してきました。

HPで写真がUPされていたので公開
Img_3035_r

Img_3196_r

Dsc_5770_1024x678_2

前日のバンガローでビールにワインまだ飲み足りなさのまま就寝。
本当は、登山からのマラソンでしたが、雨の為飲み会に変更。
大会当日は写真の通り山全体が見渡せるときも有り、55kmとは感じさせないコースを楽しめました。
次回はぜひ3Dで利尻を満喫したいと思います。









2016年6月29日 (水)

ナイトラン・・・

Dsc01729_2

サロマの刺激をもらいナイトラン。

就寝中より、今まで痛めていた右ひざではなく
左ひざがものすごく痛み出した。

日中は、サポーターをしていたがビッコひいています。

大雪山、赤信号点滅!!


2016年6月27日 (月)

サロマ100km・・応援!

25日朝、札幌から帰って来て、そのまま仕事。
ちょっと早めに店を閉めて、そのまま湧別に行こうかと思ったが、
どこかで夕食を取るなら食べてからでも一緒と思い嫁さんとラーメン。
副菜のチャー玉丼とギョーザに二人で文句を言いつつ店を出る。
再来店はなさそう・・・。

2時間ほど仮眠をとって留萌を9時25分頃出る。
そのままノンストップで湧別着、0時30分。
寝袋で3時半までまた寝る。

26日の朝は曇天。
風はあまり吹いてはいない。
すでに広場に集まっている参加選手に合流。

Dsc01704

今日は、みんなをゴールさせる為の応援と思っていたが、
けっこう応援グッズを忘れるいる。

Dsc01705

札幌のSさんと大雪山TRSのOさんと会うことが出来て一緒に応援する。
(浦臼のSさんの写真撮るの忘れてしまいました)

5時スタート。若干の大粒の雨。
全員を送り出し、そのまま反対に回り周回の選手を待つ。

Dsc01711

キャラサラのKさんも走ろう会の旗を見つけてあいさつをしてくれました。
ここで、応援者を送り出して朝食。
そして、応援NAVEに応援者12名を登録して最初の応援場所、
30km手前に行く。
応援NAVEで最初の〇川さんから応援が出来たが、最後の渡辺父さんもで45分ほどかかり、この後は〇川さんの応援をあきらめる。

この応援NAVEは、GPSを使っているようだが、相当の誤差がある。
自分のポイントを通り過ぎて1kほどたってから本人登場とか、あるポイントで全然動かないのでリタイアかと思ったら走ったいたとか、リタイアしたのに動いていたとか・・・・・。
でも、応援する側はいい目安になる。

Dsc01723

60k手前で珍念の応援を最後と思い声を交わして道の駅まで戻る。
何人か通過したので応援をして湧別の道の駅で昼食をとる。

73kホテルエイドまで先回りをしてS藤くんを見つける。
エイド手前で応援していると、珍念登場。
ワッカ用のジェルを渡し送り出す。
霧雨みたいだが、選手モウロウとして前を通りすぎて行く。
リタイア組2名のほかみんなを送り出してから20分ほど仮眠。
最後のスイーパーが通り過ぎていた。
ワッカで珍念の応援と思い応援ポイントまで行くが見逃したようでそのままゴールへ向かう。

走ろう会の珍念とHくん、札幌のSさんのゴール前ハイタッチを終え、
みんなの残った食券をもらい食事をとる。

最後のゴール放送を聞いて帰路に付く。
いつもより1時間早いと11時前には家に着く。

来年は日帰りで100k走るために12時間で完走する体力つけよう!


2016年5月18日 (水)

洞爺湖マラソン・・・

徳舜瞥山からの洞爺湖入り。
午後2時。
気持ちは、キャンセルなので公営の駐車場に入れる。

昼食は、昨日からここと決めていました。

Dsc_03441

駐車場のすぐそばにある 「松前屋」
アイアンマンの時に食べたカツカレーが食べたくなり入りました。

Dsc_03421

素朴な味なんですが、美味いんです。
カツもボリュームあります。
そして、味噌汁が付くのが、Goodです。

そこそこ食べていたら、女将さんが
「うど食べるかい?」と、もちろん「大好きです」
で、うどの酢味噌を出してくれました。
カツカレーも終わり掛けに、また女将さんが
「明日出るのかい?」と、「ハイ、出ます」
「行者ニンニク食べるかい?」と、「いただきます。」

Dsc_03431

と言う事で、うどと行者ニンニクをサービスしていただきました。

いつもの駐車スペースに車を移動し参加モードへ。
スタート9時30分。
気持ちの良い風と気温。
10kからペースは落ち着くが、脚が出ません。

中間点にてレース終了。
みんなのゴール後の顔を見て帰路に付きました。

はっきり言って・・・やばいです!!

«徳舜瞥山・ホロホロ山とおまけ・・・

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

UNIQLO CALENDAR

楽天

  • 楽天

つぶやき

大雪山忠別湖トライアスロン

  • http://chubetsuko-tri.com/
無料ブログはココログ